行政書士の資格があるとこんなことができる

行政書士の具体的な仕事内容をご存じでしょうか。簡単に言うと、県や市町村、警察などといった役所に提出する書類を作成する仕事です。
そうは言ってもただ単に書類を作るだけではなく、法律に基づいて作成をします。また作成の仕事以外にも、その提出を代行したり、また書類を作成するにあたっての相談を受けたりするといった仕事も行います。


現代社会では、何をするにしても様々な届出が必要であり、届出の種類によっては複雑なものも多く、不備があると何度も書類を作り直して再提出しなければなりません。そもそも素人では、手続きにあたって何を準備し、何から始めたらいいかわかりません。


こういった手続きの際に、多くの知識を蓄えた行政書士の手を借りることで、安心して手続きを進められ、スムーズに済ませることができます。

学習方法についてこちらを参照。


ルールを知り尽くしたプロとして、こういった仕事をするためには資格が必要であり、取得すれば誰でも仕事ができます。多くの人は開業して仕事をしており、自分で事務所を作っています。


とはいえども容易に取得できるものではありません。まず試験科目の種類が多く、憲法、民法、商法などの法令科目や、政治経済、文章理解などの一般知識科目、行政に関する法律全般と幅広いので、学習にしっかりと時間を費やさなければ合格できません。

合格率で見ると、10パーセント以下の難関です。独学で合格を目指すのは至難の技であるため、通信講座を利用する、または学校に通うといった方法で勉強する方が多いです。


難易度が高いですが、社会的需要が多い仕事ができる資格であるので、一生懸命になって取得すればそれだけ価値がある資格を手に入れることができると言えます。合格すれば手に職をつけることができ、また行政書士として開業も夢ではないので、一生涯仕事に困ることはないでしょう。